メカニズム

ニキビが認識されるまでの過程

まずニキビと言うのは、いきなり肌に現れてくるものではなくきちんとその過程を経て出てくるものなのです。
ニキビの初期症状と言うのは、小さなものなのですがこのできものが出来るまでには、汗や皮脂のなどの要因が必要になります。
そしてまだこの小さいできものの時点ではニキビとは言えませんのでこの時点で、早く治してしまうのが賢明でしょう。

この過程でもそうなのですが、ニキビらしいものが現れたら早めに対処するのが、早く治すポイントなのです。
そしてこの後の皮脂と汗が混ざり合った状態で、放っておいたりするとニキビが出てくるのですが、それにストレスが加わると赤い大きなものになってきます。
これがいわゆる厄介な赤ニキビと言われる、痛みを伴うタイプですからこのタイプは治療薬などで、早く治してしまいましょう。

この赤いニキビと言うのは、ただの皮脂や汗だけが原因では無いですからストレスや内臓疾患も、原因があると考えましょう。
ですからただの汗から発展するものと、ストレスニキビは治り方も違いますし、治るスピードも異なるものなのです。
これはニキビができる過程と言うのは、必ず同じ順序で出来てくるものですからできはじめの時期に、直してあげるのが賢明ですね。

このページの先頭へ